Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
大阪北部地震のホロスコープ

大阪で大きな地震が起こった。直下型の震度6弱だそうである。関西での地震は東日本に比べたら少ないとはいえまったく無縁とは言えない。震源地の周辺は活断層が集中しいつ地震が起きてもおかしくと専門家は言っている。それだけにたまに地震が起こると関西地方の人は心理的にかなり動揺するようだ。今回の地震は阪神淡路地震と同じく直下型の地震のようだ。まずは今回亡くなられた方の冥福を祈るとともに、被害に遭われた方にもお見舞い申し上げたい。そのうえで、今回の地震を占星術的に分析してみたい。

大阪地震

日本の建国図のラグナは、サンフランシスコ講和条約を日本の独立回復と考えると射手座となる。地震を表すのは4室と月である。そこに火星、土星、ラーフ等の悪影響がある時地震が起こる可能性がある。4室には金星と水星があり、高揚の金星の方は問題ないが水星はいろいろ問題が起こる時期である。現在日本はヴィムショッタリで水星/木星/土星期となっている。尖閣問題等領土問題が発生したのは日本が水星期に入ってからである。木星は4室の支配星であり、その木星には高揚火星トランジットがアスペクトしている。チャラダシャーは魚座/魚座/牡羊座期でいずれも4室及び4室支配の木星との絡みがある。火星ケートゥのコンビネーションは2室と8室に影響を与え、経済と混乱をもたらす。7室の月には逆行土星トランジットがアスペクトし大地に刺激を与える。但し、木星トランジットは牡羊座、双子座にアスペクトするので、この地震は国家の経済活動に大きな影響を及ぼすほどの混乱はもたらさない。不幸中の幸いである。小さい余震はともかく大きなそれが起こることはなさそうである。

この記事のリンク | インド(マンデーン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428906
トラックバック
<< 米朝首脳会談は決裂する | main | 高橋洋一〜神童と言われた人〜 >>