Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
6月の新月図〜西日本の豪雨と大阪・千葉の地震

6月から7月にかけて大阪北部地震、近畿・四国を中心とした記録的豪雨、そして千葉県沖での震度5の地震と天災が続いた。インド占星術でも風水害の見方はあるのだが、これらの法則がインド国外でも当てはまるものなのかどうか良くわからない。しかしこれらの状況は西洋占星術の月の位相図をみるとよく説明できる。

西日本豪雨

        2018年6月14日の新月図

6月14日に太陽と月はコンジャンクションし新月が成立する。経済を表す2室と災害と死を表す8室に火星、冥王星を始めとする惑星が集中する。そして2室のドラゴンヘッドと8室の火星がオポジションを形成している。これはこの時期に国家の状況に大きな影響を及ぼす天災が起こることを意味する。7室は西、8室は西南西を示すのでこれらが主に起こる場所は近畿中国四国地方となる。1室のカスプは双子座、4室のカスプは乙女座でともに水星支配で風水害の起こりやすい時期になる。10室のカスプは魚座で水のサイン、しかも10室には海王星があり降雨量の多い月であることを示す。火星は突然の変化を示す天王星とスクエア、ドラゴンヘッドとドラゴンテイルと併せてT字となり大地震の発生の配置となっている。7月13日の次の新月図は日蝕でもあり、これまた現在推測されている状況をよく示している。これについては次回に解説する。

この記事のリンク | 西洋(気象/地震) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428909
トラックバック
<< ギャンブルの勝者とPOPの配置 | main | 7月13日新月図(日蝕図)〜猛暑と新たな地震への警戒〜 >>