Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
7月13日新月図(日蝕図)〜猛暑と新たな地震への警戒〜

西日本の水害は猛威を振るい被害がどんどん増えている。7月11日午後10時現在で死者は179人,行方不明者は61人に上る。復旧作業は長期化が見込まれ、各自治体,消防、警察、自衛隊などが空や海から食料、水を運んでいる現状である。更なる被害が広がらないことを祈りつつ、7月13日に日蝕を迎えるので新たな新月図を作成し、今後1ケ月間の気象状況その他を占ってみた。

2018年7月13日新月図地震予知

          7月新月図(日蝕図)

7月の新月図はたまたま日蝕と重なる。7月の新月図はまた特徴的である。1室カスプは天秤座で風のサイン、4室カスプは山羊座で地のサインで4室には凶星の火星がある。7室カスプは牡羊座で火のサインで凶星の天王星がある。これらをみると降雨はここでおさまるが、この後も猛烈な暑さと変化しやすい気候となる。警戒を要するのは、7室に天王星とジュノーが狭いオーブでコンジャンクションしていているので、突然の外交上の変化とトラブルが生じる。(現状の対立国或いは同盟国を考えたら韓国・北朝鮮と考えられるが)更にドラゴンヘッド、ドラゴンテイルとでTスクエアとなり、IC軸に冥王星があることから再びの大地震の発生が予想される。牡羊座は東の方位なので千葉方面、7室としてみたら関西方面での地震再発生と思われる。しかしながら、この天王星、ジュノーは同時に金星、土星と安定のグランドトラインを作るので、それほど大きな被害は生じない。

この記事のリンク | 西洋(気象/地震) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428910
トラックバック
<< 6月の新月図〜西日本の豪雨と大阪・千葉の地震 | main | ジェームズディーン〜 幸運と不運の同時期発生〜 >>