Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
中国に政変の噂あり

習近平は今春、国家主席の任期を撤廃し長期政権をめざした筈であるが、ここにきて習近平の個人崇拝の動きに歯止めをかけようとする動きがある。習近平の写真やポスターを即刻撤去するよう警察が指示したとする記事がインターネット上で拡散している。又、社会科学院で習近平の思想・業績の研究プロジェクトが中止された。党の機関紙人民日報でも習近平氏の名前が第一面に出ない日があるという。香港英字紙のサウスチャイナモーニングポストは、中国共産党支配の正統性は、好調な経済に支えられてきたが、アメリカとの貿易摩擦で経済危機が起こればその正統性はゆらぐと報じている。中国の場合、こうはっきり報じられるということが実は問題なのだ。党内には習近平の個人崇拝を苦々しく思っている江沢民派や胡錦涛派もいて批判的な動きをしている。8月に開かれる北載河会議で、長老達から習近平の個人崇拝に強い批判が出る可能性もある。

中国政変?

        中国政変の可能性

この動きを見るべく、左上に中国建国図、右上に2018年魚座新月図、左下に蟹座への太陽イングレス、右下に習近平の生誕図(秀吉氏の乙女座ラグナ説を採用した)を並べてみた。

中国建国図は山羊座ラグナで敵対国を示す7室には火星があり月とオポジションしてチャンドラマンガラヨガを作る。対外関係では自国の利益のためには手段を選ばない強引さを見て取れる。3室にラーフがありディスポジターの木星と会い俟って、膨張主義的愛国主義が見て取れる。2018年の魚座新月図では、愛国心の3室には火星土星があり戦闘モード満開の年である。6室に水星があり減衰している。中国の今年が経済不振であることを物語る。そこに太陽があるから政府の権威失墜と争いの可能性がある。7月に入ってからの太陽イングレスチャートをみると、建国図から見た7室に経済の水星と政府の太陽が7室にあり、目下アメリカと貿易を巡り関税の報復合戦を行っている。7室には火星、太陽、ラーフ等生来的凶星が関り対外関係、特に経済状態は非常に悪い。

右下は習近平のネイタルチャートである。秀吉氏の乙女座ラグナ説を信じるとすれば、10室に太陽、火星が、水星があり強気の経済政策と軍事力で政治権力を掌握している。しかし太陽の度数は0度で極めて不安定であり、火星は1室逆行土星に対してアスペクトしている。よく噂にあるようにしばしば暗殺等身の危険に晒されているだろう。彼のD9では太陽も月も減衰しており、だとするならば彼が意図する長期政権を維持するのは難しいと言える。7月19日より習近平のダシャーは火星/ラーフ期になる。火星からみるとラーフは8室にあり危険な時期である。チャラダシャーでは蟹座/双子座期であるが、双子座にある火星はGKでありこれまた危険な時期と言える。

※7月30日配信の産経新聞によれば、習近平主席の母校、清華大の許章潤教授が7月下旬、指導者の個人崇拝を厳しく批判し、国家主席の任期復活や天安門事件の再評価を要求する論文を発表し波紋が広がっている。体制側の知識人が中国共産党指導部に反旗を翻すのは極めて異例と言える。なお近隣では許氏の身の安全を危惧する声があり、許氏の論文はネットでの閲覧ができなくなっているそうである。

この記事のリンク | インド(マンデーン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428913
トラックバック
<< トランプ大統領の手相 | main | 杉田水脈〜新しいタイプの保守政治家の誕生〜 >>