Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
ミック・ジャガー〜43歳年下女性との結婚と8人目の子供〜

ミックジャガーはイギリスのロックバンドであるローリングストーンズのヴォーカルをしていた男である。私自身はクラシックが好きなのでロックそのものにはさして興味はない。しかし、彼自身の生涯、生き方はなかなか特徴的で占星術的に興味がある。鑑定依頼で一番多いのは何と言っても「恋愛結婚」が多いが、43歳の年齢差結婚と8人の子供というのは珍しいケースだと思う。男としてまことに羨ましい限りだが、彼のような強いホロスコープの持ち主だからこそ許されることだ。

ミックジャガー43歳年齢差結婚

     ミック・ジャガーのホロスコープ

彼のラーシチャートを見ると、強い惑星が目立つ。である。D1で木星高揚、月高揚、火星定座、土星アスペクトバックである。D9でも金星ムーラトリコーナ、月と水星がアスペクトバックしている。D1,D2とも強いチャートで、ダシャー期も晩年はよい。いわゆる晩年になっても活躍できるパターンである。どちらも共通しているのは、3室が強くかつ惑星も多いことであろう。これはいくつかの視点で見ていくことができる。クラシック、ポップスを問わず音楽を職業としたり趣味以上に親しんでいる人には3室が強い人が多い。3室は表現とか肉体的な訓練の象意があるので、本格的にスポーツや芸事に精進する人によく見られる。(もちろんその道で成功すかどうかは他のチャートの特徴による)それと彼の場合は健康オタクで有名であり、長年に亘り念入りな体力トレーニングに励んでいる。それと12室の火星が4番目のアスペクトを3室にかけており、年取っても衰えぬ性的魅力というか最初に来るカーマトラインが表す旺盛な性欲の持ち主ということも言える。12室はベッドの喜びの意味があり、浮気不倫や正式の結婚によらない愛人関係と関わる。ミックジャガーも多くの愛人をもった人生を歩んでいる。

彼はその出自とというかよき家庭の子弟である。第1室がやはりよく、ここに高揚の月とRYの土星がある。両親も有名な人であり、両親との関係性を示すD12をみると面白い特徴が出ている。月高揚、金星アスペクトバック、火星定座と強いので両親とは良い関係であることが分かる。同時に土星減衰、太陽減衰であるが私はこれには納得する。上流階級にありがちがな強い家庭的束縛と父親との強い葛藤を表すものと解釈できる。

結婚もさることながら、8人の子供というのも特徴的である。D1を見ると子供を表す木星と5室支配星の水星はいずれも強い。子供を示すD7(シャプタムシャ)をみても木星定座、火星アスペクトバック、土星アスペクトバックと強い。しかし月は減衰していて火星、土星の2大凶星がアスペクトしている。彼は子供は多くてもマーシャハントを始め愛人関係から生まれた子供も多くその認知を巡って裁判を起こされているくらいだから、手元で育てた子供ばかりではない。そういう意味では子供運は薄いし、そういった一抹の淋しさがD7に出ていると思われる。同時にD7には太陽/木星のスーリヤグルヨガがあり、お金があるからできたことかもしれないがきちんと養育料を支払い社会的にはそれなりの責任はとっている。

彼は2016年12月に43歳年下のバレエダンサー、メラニーハムリックと結婚している。同時に12月8日に子供が生まれている。この時期のダシャーはダシャーが切り替わったばかりの水星/水星期である。ラグナからみると水星は2,5支配のダーナヨガであり、水星は高揚の木星と絡んでいるので彼にとっては非常に良い時期に入っている。MD水星からみると、7室支配の土星は願望成就の11室、恋愛と子供を意味する5室の支配星火星は10室にあり、それぞれが水星にアスペクトしている。D9でも土星(7L)と火星(5L)はコンジャンクションしていて愛人関係(12室)からの結婚そして同時に子供というのが頷ける時期である。水星は年若い人という意味があるので年下結婚とみてよいだろう。チャラダシャーではADは射手座にあり乙女座(水星支配)の7Pにアスペクトしている。又、土星は遅い結婚を表す。

この記事のリンク | インド(恋愛結婚) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428917
トラックバック
<< インド占星術講座案内 | main | 津川雅彦の惜しまれる死 >>