Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
さくらももこさん死す〜漫画に託した理想の家族〜

国民的に人気のあった「ちびまる子ちゃん」の作者、さくらももこさんが乳癌で亡くなった。53歳ということでまだ若いのにその才能が惜しまれる。まずはご冥福を祈ります。

やはり「ちびまる子ちゃん」の作者だけあって、さくらももこさんの死はみんなから驚きであったようで、占星術関係のブログでもさっそくいろいろな人に書かれて、漫画の才能、職業上の成功、病気の状態等々みんな分析されていて通りきたりの書き方では済まなきなった。うちゃさんのブログで彼女の誕生時間は12時ということだそうなので、別の視点で分析してみることにした。

さくらももこ

     さくらももこさんのホロスコープ

彼女のチャートを改めてみると確かに強いチャートをしている。水星こそ減衰しているが、後は太陽高揚、金星定座、月定座、土星ムーラトリコーナ、ラーフ高揚、ケートゥ高揚、火星アスペクトバックだ。減衰の水星も彼女の作風を生かしたものという議論があるが、そういう減衰惑星の良さを生かせるのも、全体のチャートがいいからこそである

さくらももこダシャー

  ちびまる子ちゃんのデビュー時のダシャー

彼女が「ちびまる子ちゃん」を書いたのは1989年であり、1990年にフジテレビで放映されてから俄然全国的な人気を集めた更に、この番組の主題歌「踊るポンポコリン」が日本レコード大賞を貰ったのもこの年だ。金星/ラーフというMD,ADともに強い時期になっている。

ところで彼女についての記事を読むと、なぜか知らないがその家族関係についてぼろ糞に書いている記事に時々ぶつかる祖父が死んだ時に喜んだ、祖母は自殺した、母親と姉とは絶縁した、そして父親は・・・・等々、驚くようなことが書かれている。しかし、別の記事をいくつか読むとそれがひどいデマであり久割方は否定されている確かなのは祖父が厳しい人で嫌いであったことだけの様だ。D1をみるとなるほど4室にケートゥがありここに火星、土星の2凶星がアスペクトしているので、彼女の家族関係については外側からはいろいろあるように見えるかもしれないしかし、同時に4室在住のケートゥは高揚だし、木星、金星の吉星アスペクトしているし、火星のアスペクトと言ってもアスペクトバックしている所をみるとそれほど家族関係に問題があるとは思えない。因みに彼女は息子と一緒に本を出していてずっと一緒に同居していたそうで、彼女の木星は分割図全体を通して確かに良い両親、祖父母を示すD12をみても特に傷ついている惑星、ハウスはないので問題ないと思う。D1で彼女の月は定座ではあるが12室にあり、自分の感情を隠す傾向にある。「ちびまる子ちゃん」は彼女の理想とした家族のあり方という話があり、そういう理想を自分の心は隠して、漫画で描いたもののようである。

この記事のリンク | 映画アニメ漫画家 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428923
トラックバック
<< 大阪桐蔭対金足農 | main | 池江璃花子〜アジア大会競泳6冠に輝く〜 >>