Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
ナクシャトラの役割と使い方について(1) 

ナクシャトラはインド占星術の中で非常に重要な役割を果たしている。ナクシャトラはいわゆる星占いのような単純な性格占いには使用しない。しかしナクシャトラは上手に使えば、サイン(星座)を中心としたリーディングに非常に深みを与えるという実感がある。

ナクシャトラは原則27ナクシャトラを用い、ウッタラーシャダーの最後のおおよそ4°部分だけをアビジットと称して、ムフルタ(インドの拓日法)の時だけダブらせて用いる。サイン(星座)との関係で見ていくと、惑星の影響はナクシャトラの影響の下に、その象意は微妙に変更され修正される。ナクシャトラとサインとの関係を考慮することと惑星の微妙な象意の変化の影響をみていくことができる。たとえば牡羊座は火星支配であるがアシュヴィニーはケートゥ支配であり、火星に加えてケートゥ支配の影響も微妙にみられる。これらはダシャーの働きを見る時にも微妙に惑星の強弱の判定に影響する

ナクシャトラはルーナマンション(星宿)と訳され、異なるナクシャクトラと月との関係の違いによりホロスコープのリーディングでも大きな変化が生じる。月の性質はナクシャトラによって異なってくる。それぞれのナクシャトラは、3°20′毎に4つのパダをもつ。それぞれのパダは異なる惑星によって支配されている。

ナクシャトラの性質にどのようなものがあるかを挙げてみると、まずジャンマナクシャトラという誕生時の月の位置がある。月が位置しているナクシャトラはジャンマ(誕生)ナクシャトラと呼ばれる。ナクシャトラの支配星はアセンダントや月の支配星と同じ程度に重要である。次にヴァイナクシャトラがある。ジャンマナクシャトラから22番目のナクシャトラは破壊、破滅の原因となるとされている。

ナクシャトラが主に用いられる分野として、ムフルタ、相性、KPシステム、チャクラ等がある。ムフルタ(拓日法)は主にパンチャンガによって構成されている。パンチャンガは、ティティ(インド暦による1日)、ナクシャトラ、ヴァーラ(曜日)、 ヨーガ(太陽と月の相対的な位置関係)、カラーナ(ティティの半分、白分と黒分)よりなり、それらの組み合わせによりよい結果を生む日時の選択を行う。

ナクシャトラの性質により日取りの選定をするが、同時に相性もみる。ナクシャトラ同士の組合わせによる相性の見方があり、我が国に古くから伝わっている宿曜経はこの日取りと相性の一部部分を取り出した占いである。従って宿曜経はインド占星術のナクシャトラの一部分から成り立っている占いである。もっとも宿曜経には中国の陰陽思想や密教の教えも色濃く入っているので異なる占いであるともいえる。それにナクシャトラと宿曜では計算の基礎を異にするし、友ー衰、安ー壊等の相性関係においてはむしろナクシャトラより詳しいものがある。これも併用すると面白い。  

クリシュナムルティパダッティといって、インド占星術ではめずらしい、プラシーダス方式を用いてプラシュナを行う占星術がある。俗にKPシステムと呼ばれている。KNラオはこのやり方を非難するが、非常によく当たるという人達がいることも事実である。下表のように占時に得たサインの支配星、ナクシャトラの支配星更には副支配星等を用いて吉凶を判断する。具体的な占断法はここでは省略する。

KPシステム

更にはチャクラと呼ばれる、マンデーンの時に地方地域等を特定する時にもナクシャトラが用いられる。下図はコタチャクラと呼ばれるインド国内の地域を特定する独特のシステムである。 

コタチャクラ

          コタチャクラ

詳しい使い方は、またの機会にしたいと思う。このようにナクシャトラは単なる誕生日占いでなく、独自の役割と使い方をするのである。

この記事のリンク | インド(ナクシャトラ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428935
トラックバック
<< 満月と大型台風&日株平均株価の上昇 | main | 吉本ばななの作家の適性と成功要因 >>