Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
命占と卜占の使い分け

最近、何人かの占いの先生が、命占と卜占の違いについて論じていた。命占とは要するに誕生日によりその人の性格、宿命、運の流れをみていく占いで、西洋占星術、インド占星術、四柱推命、紫微斗数、宿曜経等々がこれに当たる。卜占とはある行動を起こす時、それが吉か凶か結果そのものをズバリ見ていく意思決定のための占いである。周易、断易、六壬神課、タロット、ホラリー(西洋占星術)、プラシュナ(インド占星術)等々である。もっとも一口に命理系占術といっても紫微卜占、紫微風水といった使い方もあり、相術或いは開運法と思われている奇門遁甲にも奇門命理というような使い方もある。だからそのように命占、卜占と分ける事に自体意味がないとする立場の人もいる。しかしそう屁理屈は言わずに一般的にどちらを中心に使うかということで分けてもいいと思う。

それでは一つの事柄を占う時、命占と卜占の結果が一致する場合は問題ない。では違う結果が出たらどうするのか、どちらを優先するべきかということである。これもいろいろ見解があるが、そういう場合は、卜占を優先させるというのが一般的な見解だと思う。

私個人の意見を言わせてもらうならば、そもそも命占と卜占は使い方も占いの対象もちがうので併用することはまずない。命占はその人の一生の運の流れをみるもので、「落とした財布が見つかるかそしてどこにあるか?」とか「A選手とB選手のどちらが勝つか?」などは卜占の占いの対象である。逆に、卜占の場合はあまり大きな対象や中長期にわたる事象はみない日本国の運命だとか10年後の日本は?などというのは卜占の対象ではない。卜占が対象とするのは、せいぜい1年以内の身近な具体的な出来事に限られる。それから正確な誕生時間が分からない人というのも時々いるので、そういう時は卜占、手相人相等の相学、気学遁甲等他の占いを総動員するしかない。

だが、事柄によっては占いの対象は重なるものもある。ある人が結婚するかどうかを見る時は、その人の運気からみて結婚の流れにつながるかどうかは大運、年運、トランジット、プログレス、ダシャー等々をみていけば大体推測はつく。しかしながら、その人の誕生日だけではどうにも現在の運気や吉凶の状態が分からない時もある。それはお前さんの腕が悪いからだと言われればそれまでだが、吉凶が複雑に入り組んでいて解析判断が難しい場合は実際にある。

そんな時、まず他の命占で見てみる。占術にはそれぞれ得手不得手があって、ある占いでは曖昧でも別の占いでは実に明瞭に出ることがある。それでもわからなければ卜占を行う。命占だけでどうしてもわからない時は致し方ない。私はそういう時はプラシュナか周易を使う。そして最終的には卜占の結果を優先する。

そういう意味では一つの占術に専念してそれを極めることはもちろんもいい。実際、そういう人はよい腕をしている。あれこれ中途半端にかじる占い師より当たる精度ははるかに高い。鑑定依頼者の真のニーズはこちらにある。でも複数の占術を駆使して多面的に見た方がよい場合もある。それもバランスの問題だ。世の中には多岐にわたる占術をつかう占い師がいる。よくそんなにいろいろできるなと感心する反面、人間のもつ時間や能力には限界があるわけだから、本当にできるのかな、どうせ中途半端な薄いものでしかないと疑心暗鬼になる面と両方ある。私も命占、卜占、相学、開運法等それぞれ2つずつくらいならできるが、それで精一杯である。それ以上はちょっと困難だし芸が荒れるだけだと思うのでそれ以上広げる気はない。

こういう総合的な占術の使い方、区分けの仕方のスタンスをどこに置くかというのも占い師としてまた大切なことだと思う。

この記事のリンク | 占術評論/占い談義 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428938
トラックバック
<< 日経平均の急落と回復 | main | カルマと開運法についての考察(1) >>