Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
カルマと開運法についての考察(2)

インドのようにカースト制度による現世的縛りが強いが、現実に貧困、病気、差別で苦しむ人々が多い国は、カルマの法則に従う気持ちが強い反面そこから抜け出したい気持ちも又強い。だから矛盾しているようであるが、インド占星術はカルマの法則を強調している反面、そこから脱却する運命改善法(remedies)もまた発達している。インド占星術というと宝石処方がよく知られているがそればかりでなく、ヨガ、ワシュトゥ(インド風水)、方位、相性、マントラ、ヤントラ、ヤギャ、パンチャンガ等々無数の開運法がある。日本での方位学、拓日、風水、家相、墓相、印相、姓名判断、祈祷等々を加えると世の中にはかなりの開運法が存在する。

それらの中にはいかがわしい胡散臭いものあるが、すべて無駄だとか詐欺行為だとは私は思わない。上手に使えばそれなりの開運効果(現世的な意味で)はあるだろう。問題は相矛盾する宿命やカルマとの兼ね合い、その選択方法、適用限界、適用方法だろう。特定の開運法をむやみやたらに使えば即開運するものではない。そういう人間の欲望の無限拡大性を助長する考え方こそが、まさに愚かなカルマに他ならない人間の欲望をいたずらに刺激する開運法は、実は不幸を助長するものである。怒り、争い、嫉妬、独占、拝金等々、これこそ人類の不幸の根源である。

そういう意味で、カルマの法則と一番矛盾しない開運法は、食事療法ではないかと思う。江戸時代の日本の人相学者、水野南北の「南北相法修身録」はあまりにも有名である。街頭易者から貧相,凶相、死相を指摘された水野南北が、食を慎み腹八分目を心掛けた結果それらの凶相が消えた話こそ開運法で一番参考になる。人間の不幸の原因が欲望に対する煩悩我執への囚われからくるとすれば、腹八分目、即ち食欲の制御は大事な修行である。人間の欲望の第一は食欲である。それがコントロールできれば他の欲望のコントロールも順次、可能となる。たとえば性欲の制御、そして金銭欲に対する制御もある。それらをなくせというのではなく、我欲に走らない範囲の中でコントロールしろという事である。しかしこれは実は容易なことではない。釈迦の悟りが完成に近づきつつあった時、それをさせまいとして悪魔が近づき、美女の媚態を釈迦に示して修行の完成を妨害した話は有名である。それらは実話ではないだろうが、人間の修行にとって性欲の制御がいかに難しいものかの例えだと思う。或いは政治家、芸能人等のスキャンダルの殆どは金、女(男)、名誉、飲み食いにかかわるものである。賄賂、ハニトラ、不倫、虚飾で失脚する政治家や芸能人のなんと多いことか。学者、僧侶といえども名誉欲、虚栄心で不評を買う。これも欲望の制御が難しい現実の姿である。

よくヨガの訓練が進んでくると、食欲が減って大食いをしなくなるという話を聞く。人間の欲望の突極の制御は難しいが、まずはできることから始めるといいと思う。節食、少食、腹八分目、節酒、魚菜優先等々から始めるといい。本格的な修行ができないから霊性が進歩しないなどというのは嘘で、我々の現実の生活の中でそれを実行していく道を選択すればよい。私が教えを受けたクンダリニヨガの先生は。よく「超作」という言葉を使ってそのことを言っていた。「超作」とは要するに、人事を尽くして天命を待つという態度を日常生活の中で実行しなさいという事だと私は解釈している。私見だが、それを実行する方が、つまらない開運法(その道の専門家の先生には失礼かもしれないが)よほど開運につながる。カルマを乗り越える行為こそ世俗の開運法にまさる開運方法であると固く信じている。

インド占星術の代表的な開運法である宝石療法の第一の視点は第1室を強化することにある。第1室は健康、体質、先天的運の強さを示す部分である。従って、本質的な健康体を築くことが実は運命の強化につながるのである。本質的な意味での肉体及び精神の健康を築く、個々人がなすべき努力の方向性とタイミングをよく自覚するインド占星術のホロスコープはこれを明確に示してくれる。そうすれば過剰な欲望ももたないし間違った方向での行動もしなくなる。)、その上でカルマの限界の範囲内で上手に運命改善法、開運法を善用する。開運法の細かい技法を知る前に、このことをよく認識しておいた方がよい。そういう前提条件があるなら私自身も真剣に開運法を勉強もするし罪の意識なく教えることもできる。

この記事のリンク | インド(開運法) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428940
トラックバック
<< カルマと開運法についての考察(1) | main | 3つの高揚惑星でも出世しない人 >>