Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
3つの高揚惑星でも出世しない人

インド占星術では惑星の品位を重要と位置づけている。個人のホロスコープをみても、高揚惑星やムーラトリコーナの惑星が3つ以上以上ある人はそうはいない。しかし問題なのはその高揚惑星の品位というか力強さなのだ。

3高揚惑星でもたいしたことない

  3つの高揚惑星&ムーラトリコーナのあるホロスコープ

Aさんは自営業者としてそれなりの仕事はしている。しかし、彼のホロスコープからみると今一つ商売はパッとしない。その高揚惑星の配置をよく分析してみると、土星は高揚しているがウパチャヤの6室支配の金星とコンジャンクションし高揚木星にアスペクトしている。月は高揚しているが度数は0度のRSである。木星は高揚しているが8室支配の逆行であり、凶星の土星からアスペクトを受けている。土星は6室にあり凶星のケートゥからアスペクトを受けている。このホロスコープは高揚惑星が多いとはいえ6室支配、8室支配とも傷ついており、人生における苦労は多い。彼は商人として一応やってはいるが収入はそこそこであり、アパートの一室に住んでいるにすぎない。彼のD9における土星は減衰している。これではせっかく3高揚と1ムーラトリコーナであっても大成功は不可能である。

この記事のリンク | インド(ハウス) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428941
トラックバック
<< カルマと開運法についての考察(2) | main | 人気モデルの手相 >>