Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
分割図の研究2 ホーラチャート(2)

ホーラチャートの事例をもう一人見てみよう。この人は勢いのいい時は、特に木星期はかなりの金を稼いたが、土星期に入って事業に失敗し、その後事業不安定、多額の借金・負債で苦しんでいる

小室哲哉ホーラチャート

         ホーラチャート事例

彼のホーラチャートを見ると、獅子座に多くの惑星がある。蟹座には3つしかない。基本的にあぶく銭というか他人の稼いだ金に依存する体質をもっており、独立運、安定した経済運としては弱い。こういう人は、既述のように勢いのいい時は一時的に金を稼ぐ時もあるかもしれないが、基本的に財運は不安定である。D1をみるとアセンダント、月から見て7室に金星があり牡牛座にアスペクトバックしている。太陽と月は満月の位置関係にある。芸術芸能関係、接客関係、口腔代理店等華やかな世界でなら人気もでるし稼げる。又、異性には大変に持てるが、またそのために多額のお金を失う。木星はD1では3、6支配であるがD9では高揚でかつ減衰火星とコンジャンクトしNBRYとなる。こういう配置なら木星期は確かに勢いが盛ん時を迎えるかもしれないが、調子に乗ってやたら派手に贅沢に振る舞いだけになる。土星も9,10支配のYKで強力だが社会性の太陽、金運或いは女性運の金星が土星から見て12番目にあり、ここで女でつまずき社会的にも挫折する。勢いだけの木星期から試練の土星期になれば金運もまた厳しくなるので、こういうホーラチャートの人は、順風万帆の時に自らのカルマをよく自覚する必要がある。

この記事のリンク | インド(分割図) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428948
トラックバック
<< 分割図の研究2 ホーラチャート(1) | main | インド占星術講座案内 >>