Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
池江璃花子の白血病は治る〜トランジットからみて〜

東京オリンピック期待の星、女子水泳の池江璃花子が突然白血病と診断され、本人はもちろんの事日本中の人が驚いている。彼女の80歳を越えたおばあちゃんはこう言っている。「璃花子、水泳なんかいいから、私より先に死なないでおくれ」と。本当に正直な気持ちだろう。(暖かい家族という点を考えると乙女座ラグナかもしれない)彼女の病気はどうなるのだろう。無事に治ってオリンピックでも活躍して欲しいと日本中の誰もが思っている。彼女の誕生日とトランジットからまず見てみた。

池江瑠璃子発病時

   ネイタルチャート    1月18日トランジットチャート

彼女のラグナは正確なところは分からないが、今までの経歴からいくと、2017年あたりが節目になっていてこの年の後半から急に活躍するようになった。昨年の2018年は水泳6冠王と泳ぐたびに記録を更新する大活躍だった。そうだとすると、ダシャーが2017年か2018年あたりを境にして,ケートゥ期から金星期に変わったと推定できる。仮に天秤座ラグナとおいてみると2019年の頭からジャイミニチャラダシャーで射手座/魚座になる。射手座は栄光と没落が極端に起こる時期、D9の魚座に病気を表すGKがあり天秤座ラグナは一つの候補になると思う。

それよりも気になるのはトランジットの動きだ。彼女がオーストラリアのゴールドコーストに合宿で行ったのは1月18日である。この日のムフルタはティティがドゥヴァダシィ、シュクラパクシャの金曜日、ローヒニーナクシャトラで悪い日ではない。これは病気回復の判断に有利な材料となる。問題になりそうなのはトランジットである。火星トランジットは魚座にあり双子座にアスペクト、土星トランジットは射手座にあり双子座にアスペクトしている。つまり双子座に暴力を表す火星/土星のコンビネーションが襲いかかっている。問題なのはその双子座の状態だ。

双子座には4惑星が集中し(これは彼女がどのラグナあろうと鑑定に使える着眼点になる)、しかもことごとく太陽に近いコンバストの状態にある。太陽が18°40′であるのに対して、火星17°55′、水星逆行22°10′、金星24°55′の位置にある。太陽にも火星にも「血液」の意味があり、トランジットチャートだけでみると、悪性腫瘍を意味するラーフは8室に在住し、8室の支配星の月は病気の6室にあり、ローヒニーも月支配である。この配置はちょっとまずいなという気がする。救いはこの状態がトランジットの状態で作られたものであり、いろいろな悪い要因が重なってできた一過性のものとみられる点である。天秤座のラグナロードの金星は1,8支配でトリコーナの9室にあり弱いコンバスト以外は特にひどい傷つきはない。つまりダシャーは悪い状態にない。これからみると、トランジットの配置が変われば、病気は治ると思う。

次回はプラシュナでみてみる。

 

この記事のリンク | スポーツ選手 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428964
トラックバック
<< 文系の人の為のインド占星術勉強法 | main | 西村博之〜2チャンネル創設者〜 >>