Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
東日本大地震より8年目が経った

日本周辺の観測史上最大の地震といわれる東日本大地震が発生してちょうど8年になる。東日本大地震は2011年3月11日14時56分に宮城県牡鹿半島沖で発生している。規模はマグニチュード9.0、震度7である。11日は日本各地で被災による死亡者の追悼式が行われた。しかし、津波被害、福島原発事故の傷跡は未だに癒えていない。地震発生時のイベントチャートは下図の右側である。左側は日本建国図である。

東日本大地震発生時.PNG

福島原発の被害で本当に気の毒に思うのは、心無い風評被害である。福島は住むに堪えない土地、福島の子供は放射能障害がある、福島産の農産物は危険である等々、いずれも根拠がない。被害あった人をいたづらに傷つけるだけである。科学的根拠もなく福島県産の農産物の輸入禁止をする情けない国すらある。人々の不安がそういう風評を生むのか、社会的混乱や日本を貶めるために意図的にそういうフェイクニュースをマスゴミが流すのか知らないが、これについては福島県民の名誉と日本の国益のために断固そうではないと主張する必要がある

東日本大地震発生時ダシャー.PNG

 ヴィムショッタリダシャー

その上で地震発生時のチャートをみてみると、やはり4室及び4室の支配星、及びそれに関連する惑星、そしてダシャー等一連の事がみな絡んでいることが確認できる。日本建国図では4室水星減衰で4室支配の木星は逆行火星、ケートゥの攻撃を得ている。地震発生時のイベントチャートではその水星、木星は土星からアスペクトされ月は火星からアスペクトされている。その火星は8室ある。発生時のダシャーは水星/金星/土星で、4室在住の減衰水星、高揚金星、4室アスペクトの土星がみな絡んでいる。大地震が起こる要件を満足している配置である。

しかし、地震の発生時のチャートをみると条件的には納得できるのだが、いつも後付けである。話によると、地球上で同じような条件のできるチャートは少なく見ても10以上はあるらしい。それらを一つ一つ調べていくのは時間的に困難である。地震の予測が当たれば「怖い」といわれ、外れれば「人騒がせな」といわれ、と言って何も言わないと「当たらない」といわれるだけである。発生時期を絞る技法には「蝕」をみる、地域を絞るには「ハウス」の位置、あるいはインド占星術だと亀の子のような「コタチャクラ」等をみるという見方もあるにはある。しかし、それらの具体的な使い方は、情報不足、占星術自体がまだ法則が未確立、そして私の勉強不足等々で、私はよく知らない。具体的に、時期、場所、起こる確率の高さ等の精度を高めたいものである。

 

この記事のリンク | インド(マンデン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428969
トラックバック
<< インド占星術に必要な計算手続き | main | 長谷川町子〜サザエさん誕生〜 >>