Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
イチロー選手引退

28年間にわたり、日本とアメリカのプロ野球で活躍したイチロー選手が21日を最後に引退した。「後悔などする筈がない」という言葉を残し深々と頭を下げて挨拶を終えた。五冠王を始めとして数々の記録を残したイチロー選手のホロスコープを垣間見てみよう。

イチロー選手

イチロー選手のホロスコープ

不思議なホロスコープをしている。占星術の初心者ならこのチャートをみるとちょっと戸惑うことだろう。太陽は減衰し木星もまた減衰している。それでもこれだけの活躍をしている。これは一体何なのだろうと思うはずである。だがよくみると謎がとける。太陽が高揚する牡羊座の支配星火星が、太陽に向けてアスペクトしている。木星が高揚する蟹座の支配星の月が、Asからみてケンドラに在住している。2つともNBRYなのだ。水星も8室支配の12室在住でいわゆるVPRYになっている。今日の新聞などで彼の現役時代の成績一覧表と比較照合してみたが、詳細な分析はブログでは載せないが、実際に上記の惑星が絡むダシャー期には活躍している。ここら辺が、減衰惑星の働きとして本当に面白いところだ。彼がヤンキーでは不遇だった理由もわかる。現在のダシャーはラーフ/木星/水星期で、減衰、ヴィーパリータ、7室等が絡む時期で引退してもおかしくない時期になっている。

彼の今までの活躍を称賛する声は高く、今後とも何らかの形で球界と縁を持つことだろう。「今後は草野球で極めていきたい」という言葉は、太陽の減衰、つまり権威とは無縁の彼の野球人生を一言で言い表すものだろう。

この記事のリンク | スポーツ選手 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428971
トラックバック
<< 講座案内:現代西洋予測占星術 | main | 2019年春分図〜今年の日本の政治経済〜 >>