Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
2019年春分図〜今年の日本の政治経済〜

だいぶ春めいてきたところで、今年の日本はどうなるか、西洋占星術の春分図のマンデンチャートを出してみた。これで2019年の春分の日から次の年の春分の日まで、大まかな日本国の動きを見て行くことができる。

2019春分図

         2019年春分図

マンデン図(春分図)を作成してみてみたら、意外というか私の主観というか認識している今年の日本の動向とはだいぶ違った出方をしている。そうなのかなと思いつつ、チャートに出ている通りに読んでみることにした。

まず目につくのは、1室の火星と9室土星、MC、冥王星がトラインになっていることだ。国民意識を表す1室と政治状況を表す10室がほどよく結びつき、火星、冥王星とやる気や闘志、陰謀をあらわす惑星と結びついている。冥王星は10室にありかつ土星とコンジャンクションしているので政府の独裁(海外と比べると安倍政権はで比較的リベラルと思うが、過去の日和見政治に比べると強い意志を持っているのでそういう風に感じる世論はあるだろう。占星術は客観ではなく飽くまで主観がでるものである)というか強力な政治主導の年となる。しかもそれがトラインなので結果としてはうまくいくと読める。同盟国、敵対国を表す7室の支配星は冥王星なので、今までの弱腰の日本に比べると強力な交渉力をもつ日本とな(もちろんこれは過去の実態との比較の問題である)。しかし、1室火星、6室月、10室土星、冥王星と緩いグランドトラインとなっているので、アベノミクスの内、金融政策と財政政策はうまくいくが、成長戦略はおもうような成果はあげられない。10室冥王星と4室ドラゴンヘッドはどうみたらよいだろうか。気になるのは4室のドラゴンヘッドと木星、金星でヨードを作ることである。火星、ドラゴンヘッド、木星でまたヨードを作る。木星にもドラゴンヘッドにはアスペクトが集中しているし大地震の発生と読める。しかし経済の2室と死の8室の状態から見る限り国家にとって致命的となる被害は出ないと思われる。現状の日本を考える限り、与党と野党の衝突が激しいと見ることもできる。2室のジュノーと11室の水星、海王星がスクエアなので、一昨年のモリトモや統計データがどうしたというような曖昧な事象で議会での論争が起こるだろう。5室支配の太陽は12室で月とオポジションなので、東京オリンピックの進行状況が滞り不透明な部分が出てくる。8室木星は元号変更による影響が穏やかに済むことを表すかもしれない。

この記事のリンク | 西洋(マンデーン) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428972
トラックバック
<< イチロー選手引退 | main | 新年号「令和」の時代の意味 >>