Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
凶暴な惑星配置の時期〜木星逆行と火星ローヒニー〜

インド人占星術家のマンデン関連のいくつかのブログを読んでいると、今は惑星が凶暴化(彼等はこういう表現を好む)する時期に入ったというような表現を好んで書いている。こういう惑星配置が過去においてどういう現象を巻き起こしたか、いろいろ事例を挙げている。確かに惑星配置がマンデーンの有力な技法であることは間違いない。

凶暴な惑星配置

 4月16日の惑星配置

具体的に述べると、火星は4月7日より危険といわれているローヒニーナクシャトラに入り、木星は射手座から蠍座に向けて逆行をはじめた。太陽は4月16日より牡羊座にイングレスしている。火星から8番目のアスペクトを射手座にかけ、射手座には逆行木星と土星が在住している。このような配置とよく似た事例を太平洋戦争開始のチャートになぞられて説明している。確かにこれは地震、噴火、戦争、経済恐慌等々が起こってもおかしくない配置といえる。ここ1週間位の動きを考えるとすでにいくつかの、火災、噴火、地震等々の事件は起きている。しかし他の問題でも実際に起こるかどうかは、その国の建国図とダシャー、魚座新月図、蝕の発生、国の最高元首のホロスコープ等々を総合的に見ていかなければ断言はできない。私もそこまでは言い切れない。占いで正確に社会予測をするのは確かに難しいが、それらしき兆候は後づけでなくても見いだせる。

しかしそれ以上を求めるとしたら、つまり「どこでいつごろ〇〇な現象が起こる」ということをピタリと充てるとしたら、それは現実離れしたマイナーな技法や集合意識だの心理分析だのという観念論では現実の予測はできない。こじつけるくらいなら優れた霊能者の直感の方がよほどあたる。しかし霊能者の直感は体調や精神状態に応じた不安定なもので確実性には乏しい。最も役に立つのは政治経済状況や気象や活断層の上状況等、現実の的確な情報の入手次第だと思う。それと占いの基本原則とを照合してまとめ上げる統合化能力が合わさってこそ初めて正確な予測が可能になる。それは占者の、つまり個人の資質による。予言の的確さは占術というは道具だけの問題ではない。そういう意味で、私は占いだけで何もかも見ようとする傾向や志向、いわゆる理論偏重や神秘主義には賛成しない。

この記事のリンク | インド(マンデントランジット) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428977
トラックバック
<< メイ首相〜EU離脱の苦悩〜 | main | 仲邑菫初段〜最年少棋士〜 >>