Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
仲邑菫初段〜最年少棋士〜

仲邑菫ちゃんは10歳になる。このほど最年少でプロの囲碁棋士となった。因みに両親ともに囲碁の棋士である。私は囲碁や将棋は昔職場で昼休みに遊びがてらやった程度なので専門的な内容はよく知らない。しかし一般人が熟考を重ねてもせいぜい5〜6手位しか先読みできないのに、天才棋士となると瞬時に数十手先が読めてしまうというその頭脳はすごいなとかねがね思っている。そういう人のホロスコープはどうなっているのかは非常に興味がある。

仲邑菫

仲邑菫初段のホロスコープ(生時は不明)

仲邑菫画像

対局中のあどけないが真剣なまなざし

うちゃさんが将棋が趣味らしく時々棋士のホロスコープについて解説している。囲碁と将棋の適性は違うだろうが、それでも勝負師としての思考形態には共通点がある筈である。うちゃさんが棋士で挙げているホロスコープの特徴は、藤井聡太5段の場合は月、蠍座、チャンドラマンガラヨガ、強い6室である。羽生善治前名人の場合は、火星と水星のコンジャンクションと高度の思考知識の9室を挙げている。いずれも棋士として適性を考えるとなるほどと思う特徴だ。それと彼女のホロスコープとの共通点をさぐると、彼女の場合、火星の月へのアスペクト、火星と水星がオーブ0度で山羊座コンジャンクションしているのが大きな特徴だ。攻撃的であるとともに厳密で正確な思考、山羊座の支配星の土星のもたらす厳密さが持ち味となる。いろいろな経歴から天秤座ラグナと推測するが、だとすると今現在月のダシャー期に入ったばかりで、10室に高揚火星、減衰木星のNBRY、火星とオーブ0度の水星、執念のラーフと惑星集中していて、これから大いにその勝負強さを発揮していくだろう。

この記事のリンク | 棋士 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428978
トラックバック
<< 凶暴な惑星配置の時期〜木星逆行と火星ローヒニー〜 | main | 令和の時代の始まり >>