Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
丸山穂高議員の戦争発言

丸山穂高議員の国後島における「ビザなし交流」の発言がだいぶ問題になっている。まずこの件についての私の見解を述べる。問題の核心は、酒に酔った勢いで「島を取り戻すには戦争によるしかない」と発言したことにある。他にも「外で酒が飲みたい」みたいな発言もあったらしいが、この戦争発言が一番問題になっている。しかし、戦争で奪われた島は戦争でしか取り戻せないというのは事実である。戦争という手段はよくないが、言葉を言い変えれば、力で奪われたものは力で奪うしかないその力とは経済力、技術力、情報力、文化力、国際世論等々である。現に今まで北方4島が返ってきそうな時期はロシアの国力が衰退したエリティン大統領の時しかない。衰退した経済力を補うために、日本に北方4島を買ってもらおうとした時だけだ。情けや道徳で北方4島が返ることは絶対にない。その力をいかに日本はつけるか。問題解決の中心はここにある。しかし、日本の政界、特に日本維新の会の行動はまことに不可解で、本人を除名した上にロシア大使館に謝罪にでかけ、おまけに野党6党で丸山議員の辞職勧告決議案まで提出しようとしていることである。実に姑息で卑屈だ。こういう行為を誰が喜ぶか、誰を利するのか考えてみたことがあるのだろうか。ロシア当局は手を打って喜んでいる。日本が北方4島について強い主張をしないように、ロシアが日本は北方4島の返還を諦めるように政治プロパガンダで誘導していることになぜ気がつかないのか。かつてジリノフスキーというロシアの議員が、日本が北方4島返還というなら原爆を落とそうと発言しても謝罪も何もしなかった。丸山議員の言葉尻をとらえて政治生命まで抹殺しようというのは、日本の愚かな自滅行為だ。じゃあなぜ山尾しおりの無届海外旅行は不問に付すのか?国を憂える議員は辞職に追込み、国会開会中に無届け出ヤリパックツアーに出かける女をなぜ見逃すのか。とにかく日本維新の会には非常に失望している。維新の会なんて所詮、ローカル大阪で正義面しているだけで、こんな視野の狭い政党にはとても日本の国政は任せられない。とまあ個人的な意見・憤りはいったん脇においておいて、丸山穂高氏のホロスコープをみてみよう。

丸山穂高議員.PNG

丸山穂高氏のホロスコープ

彼の生時は不明であるが、お昼の12時に設定すると月は魚座の11度にくるので、月はこの日の生まれであれば魚座ラグナということで使える。そして0時から午前7時までの生まれなら現在のMDはケートゥ期、7時以降なら金星期になる。月ラグナからみて10室木星、太陽があるので政治家としての資質はあると思う。ただ、8室天秤座に火星と高揚土星のコンジャンクションがあり、これは武人のヨガといわれるだけに、配置が悪いと強硬発言等でいたづらに敵を作ることになる。月のケマドルマは今のような困難な時期は孤立を招く。現在がケートゥ期であれ金星期であれ火星,土星は12室にくるのでこの行動力は裏目にでがちである。D9でも蠍座で太陽/火星のコンジャンクションで強硬な態度をとりあがちだが、そこに木星も加わるので独立的な行動をとる傾向がある。D1,D9ともケンドラに吉星がないので今後も苦労が予想される。

西洋占星術のハーフサムをみると、太陽、土星、海王星は悪い軸に特にコンタクトはしていない。ただ死の軸=木星tになっているので黙っているとやんわり辞職に追い込まれる可能性はある。そういう意味では2ケ月間病気休養ということで悪い時期を耐え抜いて時期を待つのはよい作戦だと思う。やめる意思がなければ、周易では天風姤なので、自説を繰り返し主張し続ければ、周囲の見方や意見も変わってくる。

この記事のリンク | 政治家 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428983
トラックバック
<< 小出義雄監督〜褒めて育てる〜 | main | 丸山穂高議員は辞職するか >>