Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
母校甲子園に出場〜1回戦に勝つか〜

10年以上ぶりでわが母校が甲子園に出場する。わが母校は進学率も高いし各種全国大会でも優勝する文武両道の学校だ。でも野球は時々甲子園にでるものの今までいつも1回戦で敗退している。全国優勝はともかく今度はぜひ1回戦は勝って欲しいと先輩として願っている。万が一勝ち進めば寄付の依頼がくるだろうが協力するつもりだ。時間があったら応援にも行きたい(その時、関西で鑑定依頼がないかな等と虫のいいことを考えたりしている)。そんなわけで当事者になると「こうあって欲しい」という気持ちが強すぎるため、占筮をたてても主観が入りすぎて当たらないかもしれない。しかし、一応プラシュナをみてみた。

久我山高校勝つか

  1回戦、勝利するか

プラシュナを立てた時、ちょうどラグナが水瓶座にイングレスしたばかりである。したがって度数は0度で、これだけだとあまりよいでかたではない。ラグナロードは土星になるが1室にアスペクトバックしていて1室を強める。しかし、逆行は痛い。土星は射手座で逆行21度にある。対向する7室ロードは太陽で6室に在住している。太陽は蟹座19度にある。6室に在住する惑星配置はいずれもよくない。火星減衰、水星ラーシサンディ、金星と太陽はサルバドレッカナの度数領域にある。アシュタカバルガは射手座が33点、蟹座が27点になる。火星と土星の位置関係は6-8関係でよくない。土星も太陽もいいとは言えないが、それでも比較すると相対的に土星の方に利がある。水瓶座からみて6室は惑星集中していて勝負強さはありウパチャヤ11室に凶星土星、ケートゥがある。ケンドラの10室には木星がある。そんなわけでわが母校勝利と判断したが、結果はまもなく非情にもでるから静観するしかない。

この記事のリンク | インド(プラシュナ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1428998
トラックバック
<< アメリカ、日韓に積極的に介入せず | main | 母校、甲子園大会1回戦に勝利する〜6室の解釈〜 >>