Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
綿矢リサ

綿矢リサは19歳で芥川賞を受賞したが、その後の作家としての伸びは今一つである。芥川賞を貰っても、その後作家として生活していけるのは50%位だそうで、歌手、俳優、画家、占い師同様、生活と労力という面では厳しい世界である。代表作は2001年「インストール」、2003年「蹴りたい背中」で受賞後大した作品は書いていない。幸いなことに、2014年12月に彼女は在公務員の夫と結婚し、その後精神的に安定したせいかいくつかの作品を書くようになった。このあたり、ダシャーやプログレスの流れを追うと如実にでている。

綿矢リサ

 綿矢リサのホロスコープ(生時はお昼の12時に設定)

彼女の生時は不明なので、太陽と月をラグナとしてみていく。太陽と月からみると、10室に高揚の土星と牡羊座アスペクトバックの火星がある。普通は10室に凶星が在住すると、理系といわれるが彼女の場合特に理系のキャリアはない。ただ中学生の頃から文学一筋の所があり、専門職志向の人であることは確かだろう。12室にムーラトリコーナの木星、芸術の金星、文学や文章力の水星が集中しており、ここをみるとまさに作家の資質がうかがえる。土星のアスペクトもあり華やかに表舞台に出るというより、静かに読書、思索を好むタイプと思われる。面白いのはラーフ/ケートウの位置である。太陽と月からみて、ラーフとケートゥは幸運の5/11軸にある。ラーフは表現の5室にあり高揚、ケートゥは願望成就の11室にあり高揚している。12室が優勢なのでそう派手ではないが、それなりの強い個性と運気を持っている。

 

この記事のリンク | 詩人/作家 | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/1429007
トラックバック
<< 金持ちだが足が不自由な人 | main |