Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
ホロスコープからみた霊能力〜低級霊を斥けよう〜
私自身は霊能力をもっていないし、さしたる関心も実はない。しかし、占いに興味を持つ人は霊能力や超常現象に関心を抱く人が多いし実際にそういう能力もあるようである。この無関心さについては占い師仲間から逆に不思議がられる。きっと私の太陽、火星が強いこと、12室の構成によるのであろう。太陽は社会性、火星は技術志向を表す。8室と12室はオカルトや霊能力に関わるハウスである。私は12室に水星やケートゥ等、「分析」に関わる惑星が集中しているが、ビンドは逆に極端に低い。つまり同じ神秘的事象を興味をもつにしても占星術や超心理学のような分析的論理的なものには強い興味を抱くが、オカルト的なものは好きではないしそういう能力もないということである。

だから霊能力や神秘現象が本当にあるのかどうか疑問にすら思う。単なる錯覚、暗示、精神疾患、思い過ぎ、感情過多なのではと疑ったりする。でもその内の百に一つでも神秘現象として事実存在するならそれは研究してみる価値があると思う。もしそういう現象や能力の実在が証明されれば唯物論的なものの考え方や生き方は間違っていることになるからだ。早稲田の大槻教授ほど極端ではないが、そういうクールさと神秘事象に対する強い関心との矛盾が私にはある。

ところで私の身の回りの自称霊能力豊かと称する?人達のホロスコープをみてみると明らかな特徴がある。端的にいって8室が強い。12室よりもむしろ8室が強い。8室に惑星集中、火星在住、高いビンド、アスペクト集中等がある人は霊能力や神秘体験のある人達である。というか、そういうチャートの持ち主は異口同音に「見た夢は殆ど当たる」「不思議な声が聞こえる」「幽霊を見たことがある」等々のことを言う。ホロスコープにこういう特徴のある人達は予言が当たったり、幽霊を見たり、死後生まれ変わる事など疑う余地などない事らしい。事実なのかどうか確認のしようがないがそう信じるしかないであろう。

しかしそれでも問題は残る。いわゆる高級霊はあまり低俗瑣末な世俗の事象には関わらない。芸能界のくだらないスキャンダルの予言や色欲物欲丸出しの欲望実現の手助けなどとは無縁である。そういう分野の驚くべき能力は動物霊等の低級霊の仕業である。そうだとしたらそのような霊能力の発揮などかえって弊害の方が大きい。そうした能力のディグニティ、つまり品格を問わなければならない。惑星の品位やハウス支配のチェックが必要になる。インド占星術はどこまでもサットバな生き方を尊ばなければならないのだ。

占星術の研究者としては、こういう自称霊能力がある人のホロスコープを更に事例を集めて研究して見たいと思う。そうすれば本物の超能力、人の役に立つ霊能力、明らかに邪悪な低級霊、単なる詐欺師等の判別区別がつくと思う。うまくチェックできればインチキ霊能者やインチキ占い師に騙されることもなくなる。或いはそこにおぼれこんでいる人達を救う手立ても見つかるし占術業界の浄化も少しはできると思う。
この記事のリンク | 占術詐欺 | comments(2) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
初めまして
インド占星術を勉強しだして2ヶ月の初心者です。

以前からタロットなどは自分でもやっていました。

先日、ある占い師のバイト募集に応募した時のことです。

面接で尋ねられたのは、霊感の有無でした。

実際には、霊感が無くても霊感という言葉をつけるだけで、客の集客率が違うから看板には霊感と付ける事が条件でした。

無論、バイトは断りました。

これだから、占術がインチキ呼ばわりされるんだなと憤りを感じました。

インド占星術は論理的に分析し結論を導きだすところに惹かれて勉強を始めました。

これからも、色々と参考にさせて戴きます。

| ジョーティシャ初心者 | 2008/07/23 1:51 PM | top↑ |
>実際には、霊感が無くても霊感という言葉をつけるだけで、客の>集客率が違うから看板には霊感と付ける事が条件でした。
>無論、バイトは断りました。
>これだから、占術がインチキ呼ばわりされるんだなと憤りを感じ>ました。

これが日本の占いの現状です。ここに巣食うマスコミも含めてひどいもんです。占いマニアの僥倖を求める安直な姿勢にも問題があります。私は少なくともインド占星術だけは、宝石売りやおかしな呪術、みょうちきりんな本等はびこらないようにしたいと思っています。まっとうなインド占星術が行われるよう正しいインド占星術の普及したいと思っています。
| 本多信明 | 2008/07/24 7:02 AM | top↑ |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/887093
トラックバック
<< 手相と占星術(2)〜キローの手相とホロスコープ〜 | main | 分割図について(1) >>