Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
職業占星術(3)〜海外ビジネスに向く人〜
インド占星術で海外との縁を示すものは、7室、9室、12室である。12室はいわゆるドゥシュタナハウスと呼ばれる凶ハウスである。それでは12室に惑星が集中している人は不幸な一生を送るのかと考えがちになるが、インド占星術の鑑定判断はそう短絡的で単純なものではない。その人が12室の象意に叶う生き方及び職業選択をするならば、人一倍強い職業生活や豊かな人生を送っていける。開運方法は宝石や風水にのみあるわけではない。龍亀(ロングイ)や麒麟等の高価な風水グッズを用いた化殺など行わなくても開運はできる。インド占星術を善用した人生の正しい生き方処し方の中にこそ、地道で堅実な開運方法があると思って欲しい。

海外ビジネス1
個人貿易業者Cさんのホロスコープ

さてこのCさんのホロスコープの特徴は、12室にある。12室の太陽は減衰しているが10室を支配し、10室在住の金星と星座交換をしている。従ってこの太陽はニーチャバンガとなり、海外に向けてのビジネスには適性もあるしそれだけの幸運度もある。星座交換している惑星は金星であるから美術品、宝飾品などの分野が適した分野である。7室支配で10室在住の金星には2室と5室を支配する木星が在住しコンジャンクションする。ここでラージャヨガ、ダーナヨガができる。しかも10室である。太陽は減衰しているので大企業の商社に勤務しても活躍はできないが、それ以外の条件を考えると個人のビジネスなら十分にやっていける運をもっている。ただ、Cさんは水星の働きはよくないの緻密な分析力や語学力は期待できない。しかし、この水星は友好星であり8室支配が12室に在住するヴィーパリータラージャヨガであるので、富の形成にはプラスとして働く。現在、ダシャーはラーフー土星期にあり、ビジネスで大いに伸びられる時でもある。
この記事のリンク | インド(職業) | comments(4) | trackbacks(0) | top↑ |
コメント
本田様

>7室支配で11室在住の金星には2室と5室を支配する
>木星が在住しコンジャンクションする。ここでラージャ
>ヨガ、ダーナヨガができる。しかも11室である。

金星と木星は10室在住なのでは?
7,12室支配の金星と2,5室支配の木星が10室に
在住だと、ラージャヨーガはできてもダーナヨーガはでき
ていないのでは?
| Pecd | 2008/08/16 9:10 AM | top↑ |
>金星と木星は10室在住なのでは?

ああ、そうですね。10室です。私のミステイクです。修正して
おきます。

>ラージャヨーガはできてもダーナヨーガはでき
ていないのでは?

木星は単独で富を示す2室とトリコーナの5室支配しますのでダーナ・ヨガになります。

| 本多信明 | 2008/08/17 1:38 AM | top↑ |
5室(魚座)の支配星は海王星なのでは?

チャートにトランスサタニアンが表記されているのでそう思いました。
| 名無し | 2016/07/03 11:29 PM | top↑ |
インド占星術でトランスサタニアアンを使用する場合でも、在住星だけで、支配星では使いません。
| 本多信明 | 2016/07/06 10:45 PM | top↑ |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chardash21.astro459.com/trackback/981915
トラックバック
<< 占いと宗教と伝統医学(2)〜霊感商法とカルトを排除しよう〜 | main | 医療占星術(4)〜浜崎あゆみと耳の手術〜 >>