Astrological Academy


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
ユーパヨーガ〜1室から4室までの惑星集中〜

ホロスコープを作成していると、惑星配置が特定ハウスに偏った人や、東西南北の方向のどこかに連続して現れるチャートを時々見かれる。これらは特定のヨガとして考慮される。

ユーパヨーガ
      ユーパヨガ

1〜4室に全ての惑星が配置されると、「ユーパヨガ」と呼ばれる。こういう人は慈悲深く、富に恵まれ、勉強熱心でかつ勇敢で、家庭に恵まれ、自己の世俗的義務を遂行することに徹すると言われている。これらはみな1〜4室のそれぞれの象意に含まれる事柄である。

たとえば上図のように、太陽を除くすべての惑星が1〜4室に連続して集中している。太陽だけが5室のあり9室支配で高揚している。純粋のユーパヨガではないが、一つの変形である。1室の木星は方角を得ているハンサヨガである。生まれついての幸運に恵まれる強い運がある。2室には8室支配の月があり相続運に恵まれる。3室にはウパチャヤ凶星の火星がある。当然、厳しい訓練に耐えられるし医師の資質もある。4室には高揚の金星と減衰の水星があり水星はニーチャバンガされている。当然家庭に恵まれ、故郷のとの縁も深いだろう。

実際に、彼は医師の家に生まれ、その家庭環境を生かして外科医として自然に成功した。その医師として成功の野心を満たすために機会を求めて動き回ることもなかったし、海外で活躍したり金を稼ぐこともなかった。代わりに故郷で彼の医学的義務を果たすことに専念する人生を歩んでいる。

この記事のリンク | インド(ヨガ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
東ちづるにみるチャンドラマンガラヨガ
先日ふと、東ちづるが、父親がアル中で家庭崩壊の状態にあり、アダルトチルドレンとして苦しんだという告白記事を目にした。ちょっと興味を引いたので少し彼女のことを調べてみた。wikipediaその他のいくつかの記事から彼女の人物像の輪郭を描いてみた。

東ちづる写真

その特徴は以下の通りである。

1 ソニー大阪支社でイベントプロモーションのコンパニオン的仕事を
    していた。
2 美貌の反面社内の備品を壊すなど話題の絶えない社員だった。
3 痴漢にあってもやり返すだろうナンバーの女性と言われている。
4 女優ナンバーワンの酒豪である。
5 数々のボランティア活動をしている。
6 アダルトチルドレンとして苦しんだ。

こんな特徴がホロスコープに出ていないかチェックしてみた。

東ちづるD1
東ちづるのホロスコープ(生時はお昼の12時と設定)

なんといっても目立つのが、月ー火星のコンビネーションである「チャンドラマンガラヨガ」である。月は乙女座にあるし、水星も定位置にあるのでコミュニケーション能力があるので、人間関係で細かい気配りのできる女性である。月ラグナでみて10室、太陽ラグナでみて2室に水星がくるので、芸能、コンパニオン、マスコミ等で活躍できる資質がある。気性が激しいと言っても相手が紳士であれ限り、まず人間関係で問題のある女性ではない。ところがそこに火星がアスペクトしてくるとなると俄然気性の激しさが出てくる。チャンドラマンガラヨガのある人は、概して負けず嫌いで度胸がよく、イチかバチかの勝負をかけてくるような気っぷの良さがある。投資家、勝負師、ギャンブラーに多い所以である。酒も強いであろう。もちろん中にはギャンブルなどまったくやらない人もいるが、そういう人はその人の一方そのものが多分にギャンブル的である。これはもちろんよく出ればの話で、中にはただ気性が荒いだけでのヤクザ的人物もこのヨガの持ち主にはいる。しかし、彼女の場合は木星がハンサヨガになり高い道徳性があるのでそういうことはない。

月ラグナからみて9室に父親のカラカである太陽がある。これが父親で苦しめられた原因だろう。太陽ラグナからも月ラグナからも9室はパーパカルタリ状態にある。月はケマドルマであり4室にはサンニヤシヨガができているので、家庭的問題は生じやすいと思う。月ラグナからみて水瓶座6室にケートゥがあり、そこに土星、ラーフの凶星がアスペクトしているので、奉仕活動に対する関心は当然高いと思う。

以上、詰将棋ならぬ詰占星術のワンポイントコメントでした。
この記事のリンク | インド(ヨガ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
ヨガの品位の重要性(3)〜ガージャケサリヨガ〜
木星と月がケンドラ関係に位置するとガージャケサリヨガ、別名「学者のヨガ」と呼び、永続する名声、学識、記憶力、組織のリーダーとなると書かれている。ところが実際の鑑定例では、その学識や名声がどういう分野にどういう形で発揮されているかということが問題となる。

まずガージャケサリヨガは木星と月との間のヨガである。月の星座移動は早いのでケンドラ関係でヨガを形成する機会は多い。だからガージャケサリヨガについてはその品位を十分に検討吟味する必要がある。これがあるから学者のヨガで頭のいい人などと解釈するとまったく違うでかたをする。

GKY
品位の低いガージャケサリヨガ

上図では、木星と月は水瓶座の6室にある。木星は4,7のダブルケンドラ支配で6室在住で総合的敵対星であり機能的凶星となる。そして11室支配の月とコンジャンクションし減衰火星から8番目のアスペクトを受けている。木星も月も典型的な機能的凶星である。

こういう場合は、吉星のケンドラ支配、ウパチャヤ在住及び支配、凶アスペクトとなりヨガとして品位は非常に低い。永続する名声や優れた学識どころではない。こういう品位の低いガージャケサリヨガの持ち主には、どういうものかマニアックな趣味をもちそこに金と時間とエネルギーを注ぎ込む傾向がみられる。

上記のホロスコープの持ち主は、バイクの趣味をもっているが尋常の凝り方ではない。しかもそこにお金と情熱のすべてを注ぎ込んでいある。それどころかバイクのエンジンを自分で設計し修理もできる程の知識と腕をもっている。しかし、世間からはそのような才能はまったく認められていない。ただ変わった趣味をもちそこにうちこんでいるという評価しか受けていないのである。お金も使う一方でその技術を生かしてお金を稼ぐこともない。

エンジンを設計したり修理できる位であるから、ある意味で学識はあるのだろうが、ヨガの品位が低いと、「永続する名声」どころか奇人変人扱いされる破目になる。因みにこういう品位の低いガージャケサリヨガは、別に誰とは言わないが、妙な精神論や屁理屈ばかりこねて周囲から煙ったがられている占い師にもよく見られる。いくら知識自慢をしても周囲との調和適応を欠くと社会的評価を受けないよい見本である。
この記事のリンク | インド(ヨガ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
ニーチャバンガラージャヨガ(1)
ある惑星が減衰するとその惑星のパワーが弱くなり、よくない結果をもたらすといわれている。太陽は天秤座、月は蠍座、火星は蟹座、水星は魚座、木星は山羊座、金星は乙女座、土星は牡羊座でそれぞれ減衰する。しかし、惑星が減衰の星座にあったとしも、ある条件を満たしてニーチャバンガラージャヨガとなる時、減衰の意味合いががキャンセルされ、その惑星のダシャー期には社会的に成功するとと言われている。

NBRY
木星減衰でニーチャバンガラージャヨガになるケース

ニーチァバンガが形成される条件はいくつかある。インド占星塾のサイトによれば、以下のように記述されている。

ニーチァ・バンガが形成される要件は、以下の通りです。
]農韻減衰している星座の支配星が、アセンダントや月から見てケーンドラに在住する。
∀農韻高揚している星座の支配星が、アセンダントや月から見てケーンドラに在住する。
8鎖蠅垢誅農韻、そのディスポジター
と絡んでいる。
じ鎖蠅垢誅農韻、高揚する星座の支配星と絡んでいる。
ジ鎖蠅垢誅農韻、そのディスポジターと星座交換している。
  (蠍座の月と蟹座の火星が該当します)
Ω鎖蠅垢誅農韻お互いにアスペクトしあっている。
  (山羊座の木星と蟹座の火星が該当します)


上記のチャートはその内、,「惑星が減衰している星座の支配星が、アセンダントや月から見てケーンドラに在住する」場合に該当する。アセンダントからみて7室に土星があるので、そのケースとなる。しかし、木星期になっても、本人の運気はたいしてよくない。社会的成功はしていない。せっかくの「スーリヤグルヨガ」が良い形で生かされていないのである。木星は8、11室支配であり。木星も太陽もラーシサンディの状態となっている。つまり品位の悪い状態にある。

一般に減衰する惑星のダシャー期は、悪いことが起きるとされているが、ニーチャバンガが形成される場合、凶意がキャンセルされ、惑星の吉意が出るとされている。だが、実際はどうであろうか。アセンダント又は月から見て、「減衰する惑星が在住する星座の支配星」が、ケンドラに在住する確率は、アセンダントだけなら4分の1、月だけなら4分の1である。つまり2人に一人はバンガされることになる。他にも4つ以上はバンガする条件があるので、減衰惑星をもつかなりの人にニーチャバンガが成り立つことになる。この人達が、減衰惑星のダシャー期に全員成功するのであろうか。

実際に見ていると、減衰ニーチャバンガのダシャー期だから、社会的に成功しているとは限らない。多くの人は大したことはない。ただバンガしていない人に比べると、ある程度の底支えはしているようだ。そう悲惨な時期にはなっていない。ここら辺がバンガのもたらす功徳なのだろう。成功している人は、他の条件がよいのに、たまたまある惑星が減衰している場合だけである。例えば、減衰惑星が9室、10室を支配していて品位が高い等の場合、確かに成功をもたらしている。ここら辺の読み取りが大切なところだ。
この記事のリンク | インド(ヨガ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
ヨガの品位の重要性(2)〜ラージャヨガの数〜小泉今日子の例〜
インド占星術のヨガは1000以上あると言われている。インド占星術の初学者の方はできるだけ多くのヨガを覚えることが、リーディング能力を伸ばす上で大事であると思っている節がある。或いは、ラージャヨガの数は多い程よいと思いこんでいる傾向もある。しかし、それは検証事例から言うと間違いである。極端に言うならば、ヨガの名前など知らなくても、結果としてヨガを考慮に入れた場合と同じ結論がでる。

ある種のヨガは言うまでもなく重要なので、知っておくべきであるよい。しかし、極端に言えばの話だが、ヨガの事など知らなくてもサイン、惑星、ハウスの原則に則ってみていけば同じような解釈になる。ヨガを機械的に覚えるよりも、まず原理原則に立ち返ってホロスコープを見ることの方が大切である。

たとえば、すべての惑星がケンドラハウスに在住すると「カマラヨガ」と呼ばれる。このヨガの持ち主は王者になると言われている。生来的吉星がケンドラハウスに在住すると「マアラヨガ」と呼ばれ、幸運、贅沢な暮し、婦人との縁があると言う。その逆に生来的凶星だけがケンドラハウスに在住すると「サルパヨガ」と呼ばれ、不幸と貧困を表すと言わている。しかし、これなどは、ケンドラハウスの意味をよく知っていればそのようなヨガの名前など知らなくても同じような解釈になる。ケンドラハウスはいうまでもなく保護を表し、ハウスの中でも重要でしかも良い意味をもつ。そこに吉星が入ればおのずからよい意味となる。

月から見た時に成り立つヨガをチャンドラヨガと呼ぶ。月からみた2室に太陽以外の惑星が入ると「地位」「財産」「自ら稼ぎ出す力」があると言われている。これなども2室の性質を理解していればおのずから理解できる。重要なヨガではあるが、それを知らなければリーディングができないというものではない。

或いは、ラージャヨガと言う時、その数が多いから成功すると言うことはない。普通人でも4〜5個はラージャヨガができているが、たいして世俗的な意味での成功はしていない。これは実占経験を積んでいけば、誰でもわかる歴然たる事実である。

小泉今日子
小泉今日子〜ラージャヨガの数が少ない成功者の例〜

上記のホロスコープは、タレントの小泉今日子のものだが、ラージャヨガの数は決して多くない。3つしかないのでむしろ少ない。それでも世俗的には大成功している。その理由は何であろうか。ホロスコープをみてみよう。第1室はアセンダントと太陽のダブルラグナになっている。真正の友好星である金星は5/10のラージャヨガカラカとなる。中立星の水星とは最強の9/10支配のラージャヨガを作る。おもなラージャヨガはこのが2つだけである。そこに木星が9番目のアスペクトをかけている。これだけ重要なハウスに集中してよき品位のヨガができていれば、それだけで十分な成功条件が成り立つ。ただ数だけ多くても、それだけでは喩えて言えば贅肉がついているに過ぎない。

だからこうしたヨーガについては機械的に覚えないで、根本的な意味をまずよく理解することがなにより大切である。
この記事のリンク | インド(ヨガ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
アリシュタヨガ(1)〜アドルフ・ヒトラー〜
アリシュタヨガは「悲惨なヨガ」と呼ばれる。アリシュタヨガがあるから生涯を通じて悲惨であるとは必ずしも言えない。三島由紀夫もヒトラーもアリシュタヨガをもっているが、栄光に包まれた人生の一時期もあった。しかし、死に際しての運命については、アリシュタヨガの持ち主はしばしば悲惨である。アドルフヒトラーのホロスコープを見ると、明らかに「アリシュタヨガ」が確認できる。

アドルフ
ヒトラーのホロスコープ

アセンダントの支配星である金星は逆行し8室支配でマーラカの第7室に在住する。火星、太陽にコンジャンクションされ土星から10番目のアスペクトを受けている。火星は2、7のマーラカ支配である。すべて凶星とのコンビネーションである。又、アセンダントも火星、太陽、逆行の金星、凶星化した水星、ラーフからアスペクトを受け傷ついている。

月は第3室のウパチャヤに在住し、凶星のケートゥとコンジャンクションしている。3,6のウパチャヤ支配の機能的凶星となっている木星ともコンジャンクションしているので、月も又凶星化している。アセンダントはマーラカと絡んで傷つき、月はドゥシュタナの6室と絡んで傷ついている。つまりアリシュタヨガを形成する。

ヒトラー
アドルフ ヒトラー

ヒトラーが死んだ時のダシャーはラーフー金星期である。マハーダシャーのラーフは別名unconnditionel killerと呼ばれ、人はこの時期にしばしば死を迎える。アンタラダシャーは2,7の死のハウス(マーラカ)が絡み、他の凶星ともリンクする金星である。それ故にヒトラーはこの時期に悲惨な死を迎えるのである。

一言付け加えるならば、ヒトラーの残忍さはどこにうかがえるだろうか。ヒトラーの火星はケンドラの第7室に在住する。この位置は牡羊座であり火星の定座である。従って、火星の力を最高限度に高めるルチャカヨガとなる。ここに4,5支配のラージャヨガカラカの土星がアスペクトをかける。目的貫徹の為には絶対に妥協しない厳しい姿勢がある。更に、3、6支配の凶星化した木星もアスペクトを牡羊座にかける。機能的凶星の木星と土星のアスペクトにルチャカヨガで死のハウス(マーラカ)支配の火星が火のサインの牡羊座で絡むのである。ここにユダヤ人のホロスコーストを実行したヒトラーの過剰な火星のエネルギーを読む事が出来る。
この記事のリンク | インド(ヨガ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
ヨガの品位の重要性(1)〜スーリアグルヨガ〜
インド占星術で「ヨガ」の形成は重要な意味を持つ。ラージャヨガ、ダーナヨガ等非常に重要である。しかし、「ヨガ」はできればよいというものではない。惑星の在住、支配星、コンビネーションがどう絡んでいるかが、つまりディグニティ(品位)が大切である。ヨガは多くできればよいというものではない。7〜8のラージャヨガができても品位が低ければたいしてよい意味はもたない。逆に2〜3個のラージャヨガしかなくても品位がよければ、その人の人生にとって重要な意味をもつ。

og
スーリアグルヨガのホロスコープ

上図は太陽と木星が相互アスペクトして「スーリアグルヨガ」を形成している。普通のインド占星術の教科書には「威厳と権威を表す」位にしか書かれていない。実際のどう読むのかの解説などない。このヨガの持ち主が、必ず社会的に権威ある立場にたつのかというとそんなことはない。そういう単純な見方はしない。実際のリーディング能力を伸ばしたければ、こういう紋切り型の判断にとどまっていてはいけない。このヨガの品位が高くて他の特徴も良い持ち主だけが社会的に成功するのである。それも金銭ではなく社会的名誉においてである。

彼の太陽は定位置にはあるが、ドゥシュタナの12室支配である。度数は0度08分で典型的なガンダータである。対向にある木星はウパチャヤ&ドゥシュタナの6室に在住逆行している。そして4室と7室のケンドラ支配である。これは必ずしも木星にとって有利ではない。弱くはあるが一応スーリアグルヨガはできる。しかしこの人は父親(太陽)の残した借金に苦しむ母親に代わって返済している。4室在住の月なので母親との縁は深いが、母親は息子の力にはなれない。その母親に代わって借金(6室の象意)の返済をしている。職業的にも下積みの仕事(12室)をしている。だが確かに孝行息子ではある。

その意味では木星の道徳性や太陽の社会性の要素を備えている。外見的にもがっちりとして押出しはいい。しかし、社会的には成功していない。これなどは品位の低いスーリアグルヨガの一例である。
この記事のリンク | インド(ヨガ) | comments(1) | trackbacks(0) | top↑ |
ヴィーパリータ・ラージャヨガ(1)
「ヨガ」について大きな誤解がある。初学者の方は自分のホロスコープに減衰が解除されるニーチャバンガ・ラージャ・ヨガやヴィーパリータ・ラージャ・ヨガがあると非常に喜ぶ人が多い。このダシャー期を迎えた時どんなよいことが起こるのかと過剰な期待を抱くようだ。

ヴィーパリータ・ラージャ・ヨガとは、ドゥシュタナ・ハウスの支配星が、自分以外のドゥシュタナ・ハウスに在住する場合に成立するヨガのことである。凶意が二重に重なることによって吉凶が逆転(ヴィーパリータ)する。

だが、減衰やドゥシュタナハウスの弱さが消えてなくなるわけではない。厳然としてその弱点は残る。そういう弱点を残したままでそのダシャー期を迎えると社会的に成功する。しかし、そのことは精神的苦痛からの解放、健康の保持、私生活面でのトラブルの解消、幸せな結婚を必ずしも意味しない。それに成功と言っても惑星の位置、機能的吉凶、サインの位置、在住ハウス等々によって、どの分野でのどの程度の成功かは大きく規定される。このことによく留意しなければならない。

「ラオ先生のやさしいインド占星術」という日本語の数少ないまともなインド占星術の本がある。でも内容は必ずしも少しもやさしくないと思う。確かに基本技法についてしっかりした解説があるので初心者向きではあるが、事例の解釈の説明は初学者には難しいと思う。基本技法の説明と事例解釈の間の難易度の乖離がはなはだしく、橋渡しがないとおそらく本当には内容を理解できないだろう。それはともかくとして、その本の中でラオ先生は「教訓」として次のようなことを書いている。

インド占星術家は、参照する古典を無誤謬の原則と見なし、結果的にドグマ主義に陥ってしまう傾向があります。(古典、聖典を無誤謬の原則とみなして教条主義に陥るのは、インド占星術家に限ったことではなく、易学者、風水研究家、四柱推命や古典占星術の研究者にも同様に見られる傾向である)

これは「ヨガ」の解釈についてもそのまま当てはまる。
VPRP
ヴィーパリータ・ラージャ・ヨガの一例

8室支配の金星が6室に在住しているので、いわゆるヴィーパリータ・ラージャ・ヨガである。このホロスコープの持ち主は、良き師に恵まれて音楽分野で名声と富を得た人物である。しかし、音楽分野の成功と言っても正規の音楽教育を受けた人ではない。苦難の末の成功である。また、この人の結婚は必ずしも幸せではない。3度の離婚の末、4度目にやっと落ち着いた結婚をしている。この人はむしろハンサヨガの木星が金星に向けて9番目のアスペクトをしているので芸術上の成功をもたらしたと言えるだろう。もしそれがなくてただの金星単独のヴィパリータ・ラージャ・ヨガなら金銭、恋愛、芸術上の悩みは深くそれほど大きな成功はないであろう。

この記事のリンク | インド(ヨガ) | comments(2) | trackbacks(0) | top↑ |
ヨガについて(2)〜成功の秘訣〜
ヨガは星座交換、コンジャンクション、アスペクト等のコンビネーションの中の特殊なコンビネーションのことを言う。大体2000位のヨガがあると言われているが、それらの中にはほとんど意味がないものもある。或いはそれがヨガであると知らなくても、結果としてそのように判断するだろうと思うヨガもある。第一からして2000ものヨガを覚えることは不可能である。また意味がない。

リーディングの中心となる技法は「ヨガ」であると思っているインド占星術の学習者もいるようだが、それはまちがいである。前述のようにヨガの事など知らなくてもサイン、惑星、ハウスの原則に則ってみていけば同じような解釈になる。すべての惑星がケンドラハウスに在住すると「カマラヨガ」と呼ばれる。このヨガの持ち主は王者になると言われている。生来的吉星がケンドラハウスに在住すると「マアラヨガ」と呼ばれ、幸運、贅沢な暮し、婦人との縁があるという。その逆に生来的凶星だけがケンドラハウスに在住すると「サルパヨガ」と呼ばれ、不幸と貧困を表すと言われる。これなどは、ケンドラハウスの意味をよく知っていればそのようなヨガの名前など知らなくても同じような解釈になる。

ヨガについては実際によく作用するヨガとその意味、そしてこれが大切な点であるが、そのヨガのディグニティ(品位)が一番の問題となる。よく作用する代表的ヨガとはラージャヨガ、ダーナヨガ、チャンドラマンガラヨガ、ガージャケサリヨガ、ケマドルマヨガ、アリシュタヨガ等々20〜30位のものであろう。

ルイ・アームストロング
某ジャズミュージシャンのホロスコープ

有名人チャートを見てもラージャヨガの数は必ずしも多くない。数少ないヨガが効率的効果的に配列され、その人の人生に大きなエルギーと力を与えてくれることがわかる。上図は有名なジャズミュージシャンのホロスコープであるが、インド占星術学習者が有難がる「ラージャヨガ」は3つしかない。普通人でもラージャヨガの数は3〜4つ位はある。しかしこれが品位が悪いと成功しない。彼の場合、ケンドラハウスである10室に定座で在住する木星が1室と10室を支配している。他に2室と9室を支配する7室の火星が4番目のアスペクトをかけている。月は5室支配で1室に在住し7室在住の火星と対向アスペクトとなる。ラージャヨガはこれしかない。しかしこの木星はムーラトリコーナに近い度数にありハンサヨガが成り立つ。第1室に在住する5室支配の月とガージャケサリヨガを形成する。1,5,10のいずれの支配星もトリコーナである。

結婚生活等他に数々の問題のあるホロスコープではある。しかし、仕事を表す第1室と第10室でここまでの幸運度を示す強力なヨガが集中して成立すれば、「仕事を通じての社会的成功」は間違いない。このようにヨガはその数ではなく質が重要なのである。特にそれが一点集中して現れると、そのハウスのテーマに関しては大成功する。世の中の成功の秘訣はここにある。つまならい雑念や欲は捨ててひたすら目標実現にむけて一意専心すべし。中途半端や器用貧乏、欲張り、助平根性は成功の邪魔になるだけである。
この記事のリンク | インド(ヨガ) | comments(1) | trackbacks(1) | top↑ |
ヨーガについて(1)
ヨガとは「結びつき」と言う意味である。いわゆるハタヨガやクンダリーニヨガ等でいう「ヨガ」と基本的に同じ意味である。インド占星術では惑星間でコンビネーションを組む時、その惑星同士がある特殊なポジションにあるときにヨガが成り立つ。インド占星術では重要な意味をもつ法則である。ラージャヨガ、ダーナヨガ、ガージャケサリヨガ、アリシュタヨガ等々、ヨガの数は1000を超えるとも言われている。それらのヨガを実際のリーディングで検証にかけてみると高い的中率をもつヨガとそうでもないヨガがある。これらのヨガを全部覚える事など不可能である。或いはそれが○○ヨガと呼ばれると言う名称を知らなくても、インド占星術の原理原則に沿って見ていけば結果としては同じようなリーディングになる。

インド占星術を独学で学んできた人の中によく見かけるのがヨガ病患者だ。自分がリーディングがうまくできないのはヨガの数を知らないからだと思っている人がけっこういる。そこでいろいろのヨガを覚えることにのみ熱心になっている人を時々みかける。しかし、リーディングで大切な事は、ヨガの数を多く知ることではない。サイン、惑星、ハウス支配と在住等に関わる基本法則を駆使できるかどうかにかかっている。譬えて言えば囲碁将棋の定石に似ている。囲碁将棋の定石の数はそう滅多やたらにあるものではない。しかしそれらの定石を駆使できる人は名人上手になるし、駆使できない人はヘボで終わる。それと同じだ。パラーシャラ系の基本法則を駆使できれば驚くような精度の鑑定ができるのはいろいろの所で実証済みである。

これは他の占いでも同じ事が言えると思う。いわゆる「秘伝」「秘儀」など知らなくても、(もちろん知っていればそれに越した事はないが)原理原則や基本法則を押さえて実占で十分な検証を積んでいけば、どんな占いでも高い的中率を誇る事ができる筈である。大体「秘伝」なるものはある特殊な条件の時にのみ適用できたり、最後の決め打ちのような時にのみ使える技法である事が多い。だからそんな言葉に惑わされる必要はない。多くの書籍を読んで色々の法則を学ぶ事は重要である。私も自宅にインド占星術や西洋占星術の洋書、中国系占術の蔵書がたくさんある。全部とは言わないがそれなりに読んでいる。だがそれだけで終わってはいけない。占術研究者はとかく古書マニア、洋書マニア、技法マニアの弊に陥って自己満足する傾向がある。特に中国系占術や古典占星術を専らにする人の中に時々こういう人が見られる。しかし、こうした枝葉末節にあまりこだわらない方がいい。それが実際の鑑定に際して使い物になるかどうかの検証の方にもっと時間をかけるべきである。そうすれば占い師同士の不毛の議論などする必要がなくなる。

ある人のホロスコープに重要なヨガがいくつも成り立つことは成功する人生の条件であるが、ヨガは数さえ多ければ言いというものではない。ヨガの数は少なくても効率的な配分になっていれば成功する。問題なのは「ヨガの質」である。前述したサイン、惑星、ハウス支配と在住、アシュタカバルガ等の中のプラス要素、例えば惑星の高揚、トリコーナハウス、星座交換、等が絡むヨガであるかどうかを十分にチェックしなければならない。減衰惑星やドゥシュタナと絡むヨガなどはクオリティが低く幸運はもたらさない。基本法則毎にどのような形で現象化するものなのか、こういう所をじっくり検証する必要がある。
この記事のリンク | インド(ヨガ) | comments(0) | trackbacks(0) | top↑ |
<< | 2/2PAGES |